2013/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界のバグパイプⅣ 「ボーダーパイプス」
border20pipes20web2.jpg

イギリス・スコットランドに伝わるバグパイプ「ボーダーパイプス」

別名「ローランドパイプス」とも呼ばれる。

スコットランドに伝わる「スコティッシュ・スモールパイプ」と

形状は非常に良く似ているが、その音は全く異なる。

スコティッシュ・スモールパイプスの音は室内向けで

音量も控えめなのに対し、ボーダーパイプスの音量はかなり

大きく存在感がある。

一般にA管が多く用いられる様だが、曲目やスタイルに

よって様々なキーが使われる。

ボーダーパイプスの本来はEb管が主流との情報もある。
(あまり筆者が詳しくないので断定は出来ません)

ハイランドパイプスには及ばないものの、野外でもその

存在感を十分に発揮できるだろう。

美しいその形状とふいご式ブロー、大きく煌びやかな音。

筆者もいつか持ってみたい楽器の1つなのだが、この楽器に

強く惹かれたキッカケになったのが「フレッド・モリソン」氏。

fredMorrisonCd.jpg
フレッド・モリソン 2009年発売アルバム

彼はハイランドパイプスやスコティッシュ・スモールパイプ

ホイッスルも演奏するアーティストで、その演奏も素晴らしい。

そしてこの曲を聴いて、彼と彼の音楽の大ファンになったのだ。

興味が有る方は、良ければ聴いてみて欲しい。

ワクワクドキドキするようなドライブの始まりを予感させる様な

軽快なテンポと、パイプ&ギターの流れるハーモニーが絶妙。

フレッド・モリソン ハード・ドライブ

⇒「The lowland pipes: Fred Morrison - Hard Drive」

1:19秒からのアップテンポにご注目。

もの凄い指さばきで疾走する姿に感動を覚える。




スポンサーサイト
プロフィール

八王子の笛吹き理髪師

Author:八王子の笛吹き理髪師
いらっしゃいませ。チーフのボギーです。東京 八王子の長房で皆様に支えられ、お蔭様で当店は22周年を迎えることが出来ました。オーナーの理念の下、お客様と良き信頼関係が築けるよう日々努力して参ります。Hair space Shinはお客様にとって、頼りになるファッションライフパートナーを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。