2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VIVA! ケルティック 
celt2.gif
ケルト人。ケルト音楽。ケルト神話などなど・・・。ケルト圏の民族文化や音楽、またはその流れを汲み派生していったそれらのもの。と、筆者は解釈している。音楽大好きで、「NO MUSIC NO LIFE」を強く感じながら日々を生きている筆者にとってケルト音楽もまた、外せないジャンルなのである。イメージとしては、欧州の幻想的・神秘的な雰囲気を全体に感じることのできる音楽。(ボキャブラリーが少ないのはどうかご勘弁を)有名なエンヤなどもケルト音楽に属するのではないだろうか。恐らく、多くの人がどこかしかで耳にしているであろう音楽なのだが、特にその民族楽器の認知度は日本ではかなり低い気がする。筆者もなんとなくはどこかで目にしたり、どこかで聞きかじっていたはずであり、事実その楽器にはあまり関心が無かったのだが・・・急転直下。イナズマが走った瞬間からケルティック楽器に夢中になる日々が始まったのである。2010年秋の事だった。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

八王子の笛吹き理髪師

Author:八王子の笛吹き理髪師
いらっしゃいませ。チーフのボギーです。東京 八王子の長房で皆様に支えられ、お蔭様で当店は22周年を迎えることが出来ました。オーナーの理念の下、お客様と良き信頼関係が築けるよう日々努力して参ります。Hair space Shinはお客様にとって、頼りになるファッションライフパートナーを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。