2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【輝きは】 なんて素敵な昭和歌謡 その1 【色褪せず】
こんばんは。昭和歌謡を愛してやまない

八王子の笛吹き理髪師ボギーです。

最近とある事がキッカケで昭和歌謡熱が再燃したので
(まぁ、年中再燃してるのですが)

毎日脳内再生ヘビーローテーションな曲を幾つかご紹介

したいと思います。

もし宜しければ、お時間と昭和歌謡に興味のある方は

暫しお付き合い頂ければ幸いです。


先ずはこの曲、いしだあゆみの「太陽は泣いている」
b0100078_21171097.jpg

「太陽は泣いている」

いやぁ、カッコイイですね~♪ イントロが鳴った瞬間、

カッコイイ曲の予感と共に心は昭和43年に

タイムスリップしてます。

いしだあゆみさんと言えば「ブルーライト・ヨコハマ」がイメージ

だったのですが、この頃のガールズポップスも歌ってらしたのですね。


そしてヨコハマ繋がりで、ベイ・ビーツの「愛のモトマチ」
参考写真が見つけられなかったのが残念ですが、リンクから
Youtubeの音源と当時のレコードジャケットが見られます。
「愛のモトマチ」

う~ん、出だしからのGSサウンドとちょっとハスキーな

ヴォーカル。カッコイイなぁ。。。

1960年代後半から1970年代はとてもエネルギッシュで

ファッションも音楽もとても尖っていて、熱かったのだと思います。

最近の音楽も良いですが、若い世代の人達がとりわけこうした時代の

音楽にドハマりする現象は、とても納得が行きますね^^


最後にチコとビーグルスの「帰り道は遠かった」

これも筆者の大好きな曲なのですが、Youtubeの音源

削除されちゃった様で・・・^^;

せめて当時のレコードジャケットだけでもと思います。

chikoto.jpg

お揃いのミリタリー・ルックに、紅一点の60年代後半の

キュート・ポップファッション☆

もうこの雰囲気だけで伝わってくるものがありますね^^

高円寺あたりに行ってみると、こうしたファッションの女の子が

歩いていたりするので、本当に面白くてナイスな街ですよ

高円寺は♪^^

近いうちに、最近行った高円寺での街とライブの事を

綴りたいと思っています。


【伝統 音楽 文化を愛する、紳士淑女の為のサロン】

【ヘアースペース・シンです】







スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

八王子の笛吹き理髪師

Author:八王子の笛吹き理髪師
いらっしゃいませ。チーフのボギーです。東京 八王子の長房で皆様に支えられ、お蔭様で当店は22周年を迎えることが出来ました。オーナーの理念の下、お客様と良き信頼関係が築けるよう日々努力して参ります。Hair space Shinはお客様にとって、頼りになるファッションライフパートナーを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。