2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俳優  二谷 英明
top_nitani_02.jpg
刑事ドラマ。恐らく男女問わず皆が夢中になるジャンルの1つではないだろうか。最近では、水谷豊氏が主役を演じる「相棒」が巷では人気の様子だ。様々な時代で刑事ドラマが生まれたが、筆者は二谷英明氏が出演する「特捜最前線」を愛してやまない。放映開始時期は1977年。そこから1980年代後半まで続いたある意味お化けドラマである。当時テレビ各局で「太陽にほえろ!」や「西部警察」「Gメン75」など多くの刑事ドラマが生まれ筆者も甲乙つけがたいほどの全作品のファンである。だが、珠玉の刑事ドラマの中でも今日は「特捜最前線」二谷英明氏にスポットを当ててみたい。二谷英明氏演じる、特命捜査1課 課長 神代警視正。彼率いる警察エキスパートが大活躍し、凶悪犯罪に立ち向かうわけだが神代警視正が素晴らしく格好良く、人間らしく、ダンディなのである。(未見の方はぜひDVDを)男とは・・・いや、漢とは何か。どうあるべきなのか。人にどう接するべきなのか。1人の父親としてどうあるべきなのか。様々な問題に対して非常に高いポテンシャルを持ちつつ、それでも人間らしく苦悩し、仲間と共に歩んでいく姿は男なら誰しも共感する部分があろうかと思う。リーダーとはどうあるべきなのか。その答えの1つを、彼が劇中で演じた事はDVDをご覧になっていただければ強く感じて頂けるだろう。余談ではあるが、最近学習塾のCMでパロディーして「特捜最前線」が使われているが、見れば誰もが「あぁ~!」と分かるはずである。男のダンディズムを知りたいなら、二谷英明に学びやがれ!(嵐にしやがれ 風)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

八王子の笛吹き理髪師

Author:八王子の笛吹き理髪師
いらっしゃいませ。チーフのボギーです。東京 八王子の長房で皆様に支えられ、お蔭様で当店は22周年を迎えることが出来ました。オーナーの理念の下、お客様と良き信頼関係が築けるよう日々努力して参ります。Hair space Shinはお客様にとって、頼りになるファッションライフパートナーを目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。